フランの卓ログ 〜卓球のあれこれ〜

卓球のことについていろいろ書いていこうと思います。簡単な物理学と少しかじっている医学を駆使して、「すべての事柄を説明する」ことを目標に日々勉強しています。日本語とパソコンに弱いのはご愛嬌。ちょっと難しい言葉を使いたがるのはそういう性分。

カテゴリ: 医学的考察

   考察を進めています、肩甲骨打法。肩甲骨打法①肩甲骨打法②   前回までをまとめると狭義でも広義でも「肩関節」の中心は肩甲上腕関節であり、その次に肩甲胸郭関節が補助的に重要になる 、肩甲上腕関節と肩甲胸郭関節の主要筋は全く異なっており、運動性、関節の可 ...

   前記事の続きです。必ず目を通してください。   肩甲骨打法①  前記事では、狭義でも広義でも「肩関節」の中心は肩甲上腕関節であり、その次に肩甲胸郭関節が補助的に重要になる ということをまとめました。今回はまず、上記に対する反論意見から述べていこうと思い ...

   以前考察記事をあげましたが、考察を続けていくうちに内容が大きく変わっていったので再度別記事として投稿いたします。      巷でよく言われる「肩甲骨打法」。しかし、その本質は一体どこから来ているのか?今回はそんなことを考察していきます。   まず、私の ...

   台風の影響がもっと出るかと思いましたが、この三連休は外出日和でした。新しいラケットも届いて気分はウキウキです。体育の日も再来年から「スポーツの日」に改定されるそうで、そういう意味でもいいスポーツ日和、いい卓球日和でもあったでしょう。   さて、3hit理 ...

   私のほうではあえて積極的には言及してこなかった関節運動にもとづく考察。これのメインは完全にバルサミコ氏ですね。バルサミコが色々と私へ論じ、それを私が吟味しつつ2人で理路整然とした考察に発展するという学生時代からの、定食屋や牛丼屋、ラーメン屋などで6年間 ...

   しれっと更新です。けっきょく世界選手権はダイジェストをネットで見るのみでした。あれだけ観戦するモチベーションはあったんですけど。   バルサミコ氏は時折ブログ更新していますけど、すごいです。彼絶対忙しいですよ。   私はというと、来年から小児科医になり ...

【3/31追記】http://xia.diary.to/archives/53201365.html先日こんな記事が上がっていました。・・・流石に医学的に100%間違っているので、普段はこういう形では記事はあげないですが、ちょっとあげようと思います。まず、上記の記事で言われている反射運動、これ完全に不随 ...

  前記事の続きです。前回の最後にジストニアというワードを出して終わりましたが、今回はそのジストニアについて書いていこうと思います。   私も以前はこういう認識だったのですが、イップスというものはなにかしらの精神面からくる症状というのは以前話した通りです。 ...

  まあ流行りというわけではないですけど、だんだん浸透して来ている言葉なのだと思います。卓球に関して言えば坂本選手がサーブイップスであったという話は有名ですね。今日は少しイップスについて考えていこうと思います。  そもそもイップスの定義とはなにか。Wikiped ...

1/25を最後にまた更新が止まっていました、フランです。1/26から別のものにどハマりしていました。・・・そう、MHWです。バルサミコにこのことを伝えたら呆れられました。タイトルの通り先日バルサミコ氏が遊びに来てくれました。久々に卓球をしたり、卓球談義に花を咲かせた ...

↑このページのトップヘ