フランの卓ログ 〜卓球のあれこれ〜

卓球のことについていろいろ書いていこうと思います。簡単な物理学と少しかじっている医学を駆使して、「すべての事柄を説明する」ことを目標に日々勉強しています。日本語とパソコンに弱いのはご愛嬌。ちょっと難しい言葉を使いたがるのはそういう性分。

カテゴリ: 戦術

   書けるうちに書いておく、フランです。   最近頻繁にブログを更新できる理由として、僻地医療研修の一貫で田舎の開業医の先生の元で研修していることがあります。開業医なので午前診療と午後診療の間に時間が結構あるんですよね。そのため、少し自分の勉強をした後で ...

「対中学生で見えないパンチを警戒させたと思ったら見えないパンチを打たれたものの、見えないパンチを見えなくしていたのはその中学生でなくフラン氏本人だった~考えないことを考えるという盲点~」この文だけで何のことがわかれば相当なバルサミコファンでしょう。http:// ...

あなたは試合における積極的さとただの無茶打ちをどのように説明しますか? よく試合後に「あれは無茶打ちだろう」であったり、反対に「積極性があってよかったよ」であったり、色々声をかけられることもありますよね。ただ、同じ負けであってもこの二つの言 ...

 みなさんは零度スイクンときいてピンときますか?  零度スイクンとは、ゲームポケットモンスターで絶対零度という技を覚えているスイクンのことです。絶対零度とは一部のポケモンを除いて多くのポケモンを3割の確率で一撃で先頭不能にする技です。スイクンの高い耐久値 ...

前記事の通り先週の土日は母校に遊びにいってまして、部活にも参加させてもらいました。そこでは在校生の何人かと試合もしてきました。今日は行った3試合の感想戦?みたいなのとそこからの考察を行いたいと思います。 1試合目 A君 右シェーク裏裏 ドライブ攻撃型 ...

 最近、あまりブログの更新が行えていないフランです。パソコンに向かう時間が減っているのがすべての原因。スマホでも投稿できますが、なかなか面倒くさいもの。プロごめんなさい。  気を取り直して、タイトルの通りの話を今日はします。ただ、私が思ったことではなく、 ...

 世界選手権真っ最中で、毎日が楽しいです。平野選手はメダルも決めましたね。  試合の中で必ず選手が行うことの一つにセット間のアドバイスがあると思います。今回の世界選手権でいえば、張本選手が父親のコーチを同伴していたり、水谷選手も以前から師事しているプライ ...

 共同研究者のバルサミコ氏が医学生で私が彼の同僚ということは私の仕事はお察しの通りなのですが、世間とのイメージとの違いはあれど仕事というのはどんなものでも大変なものです。ここ数日はICや当直で夜間の時間が全くなく、ほぼ毎日書いていたブログの更新も途絶えてい ...

 私自身はペン表なのですが、よく練習相手をしていただく方々の中に非常に強い(高校時代県上位クラス)ローターの方が2人います。1人は高校時代の友人で、中国式ペンを反転して多彩な戦術、技術により非常に的を絞らせないクレバーな卓球をします。もう1人は大学時代の先輩 ...

 お仕事前に前記事の続きを書いていきたいと思います。  前記事ではロングサーブの中で一番レシーブの選択肢が少ないものは上ナックルサーブと上回転サーブの2種類であるということを話しました。そのうち個人的には上ナックルのロングサーブの方を推奨することまで話しま ...

↑このページのトップヘ