フランの卓ログ 〜卓球のあれこれ〜

卓球のことについていろいろ書いていこうと思います。簡単な物理学と少しかじっている医学を駆使して、「すべての事柄を説明する」ことを目標に日々勉強しています。日本語とパソコンに弱いのはご愛嬌。ちょっと難しい言葉を使いたがるのはそういう性分。

カテゴリ: 原理と定義

   肩甲骨打法 part5にいく前にもう少しだけ補足説明を。   Part4で説明した通り、肩甲骨打法とは、肩甲上腕関節の動作に加えて、肩甲上腕関節自体の動作で前ベクトルを付加させる打法といったものと説明しました。ここで以前の考察記事からある部分を引用してきます。 ...

   先日大会に参加してきたんですが、ベンチに頭が悪い卓球と言われ続ける動画が残ってしまった人、フランです。   今回投稿する内容は卓球とはそれほど関係ないように思えるかもしれませんが、卓球をはじめとして物事を「考える」にあたって必要な視点の一つだと思って ...

   肩甲骨打法④に行く前に少しばかり補足事項を。③を投稿した段階でこの3.5は必然でした。   前記事でお話しした肩甲骨打法のネット上の表現や私が提唱した定義。読んでいた方の中に違和感を覚えられた方はいなかったでしょうか。   そう、フォアに限定した話にして ...

   3ヶ月前に何回かに分けて考察してきた肩甲骨打法。①、②では考察するにあたっての基礎的なことを考察してきましたが、今回はもう少し具体的なところに踏み込んでいこうと思います。今までの投稿内容を下記に示しておきます。肩甲骨打法①肩甲骨打法②肩甲骨打法2.5  ...

   久しぶりにブログを投稿します。またまたブログを書く時間がなくなってしまい今日に至っています。   久しぶりにブログを開くと、まだ肩甲骨打法の記事が考察途中だったんですね。まあ某ゲームみたいに2から3までに10年近く間があくこともありますし、ご愛嬌というこ ...

   書いたり書かなかったり、フランです。現在はしっかりと書く時間があるので定期的に更新をしていますが、また更新期間が延びる可能性も大いににあり得るのでかけるうちにしっかり書いていこうと思います。ブログを更新していなかった間も3hit理論をはじめとして色々と考 ...

  私やバルサミコ氏の記事で頻出する3hit theory。バルサミコ3hitフラン3hit  表現に差異はあれど、この理論で言いたいこととしては、過度な前ベクトルを抑える、ボールを返すという卓球の大前提における最小の超基本原理であるということです。  しかし、今まで3hit理論 ...

先日の全日本観戦記の記事でパンチ打法について考察した際、我が友人バルサミコ氏から頂いたコメント。3Hitを用いて言うなら、絶対的3Hitの伊藤と、相対的3Hitの張本といったところか。チキータとバックドライブは相対的3Hitを用いて技術考察をしたが、相対的3Hitそのものを ...

   私やバルサミコ氏の記事の中で再三目にする機会があるワード「3hit 理論」。覚えてない方(私は最近記事自体少ないですしね)はここから飛んでください。   この記事自体は半年くらいの考察内容で現在の考察、特にバルサミコ氏の内容と少し差異が生じる可能性がありま ...

 この土日は久々に卓球をしてきました。体を動かすことはいいものですね。TSPの球にも少しずつ慣れてきました。  さて、土日に高校生に指導する機会があったのですが、その中でチキータを教えているときにこんな質問が。  チキータを打つボールの高さはどこか?頂点では ...

↑このページのトップヘ