フランの卓ログ 〜卓球のあれこれ〜

卓球のことについていろいろ書いていこうと思います。簡単な物理学と少しかじっている医学を駆使して、「すべての事柄を説明する」ことを目標に日々勉強しています。日本語とパソコンに弱いのはご愛嬌。ちょっと難しい言葉を使いたがるのはそういう性分。

カテゴリ: 3hit理論

   台風の影響がもっと出るかと思いましたが、この三連休は外出日和でした。新しいラケットも届いて気分はウキウキです。体育の日も再来年から「スポーツの日」に改定されるそうで、そういう意味でもいいスポーツ日和、いい卓球日和でもあったでしょう。   さて、3hit理 ...

   プレイ領域と3hit理論の関連性について   この記事を読んだ方であれば、自ずと今回の練習法も思いつく方もいらっしゃることでしょう。現にローターさんは上記の記事を読んだ後に、今から述べる練習法についてLINEしてくれました。今回はいつも以上に大層な内容ではな ...

   書いたり書かなかったり、フランです。現在はしっかりと書く時間があるので定期的に更新をしていますが、また更新期間が延びる可能性も大いににあり得るのでかけるうちにしっかり書いていこうと思います。ブログを更新していなかった間も3hit理論をはじめとして色々と考 ...

①ボールのインパクト点は右足つま先の先。基本姿勢も右足つま先の先にラケットが来るような姿勢にする ②ボールに過度な前方向のベクトルを加えない。要は変に押しすぎない。③ボールの下からラケットはインパクトする。②を具体的にやろうとした結果。の3点で説明を行った ...

  私やバルサミコ氏の記事で頻出する3hit theory。バルサミコ3hitフラン3hit  表現に差異はあれど、この理論で言いたいこととしては、過度な前ベクトルを抑える、ボールを返すという卓球の大前提における最小の超基本原理であるということです。  しかし、今まで3hit理論 ...

先日の全日本観戦記の記事でパンチ打法について考察した際、我が友人バルサミコ氏から頂いたコメント。3Hitを用いて言うなら、絶対的3Hitの伊藤と、相対的3Hitの張本といったところか。チキータとバックドライブは相対的3Hitを用いて技術考察をしたが、相対的3Hitそのものを ...

   私やバルサミコ氏の記事の中で再三目にする機会があるワード「3hit 理論」。覚えてない方(私は最近記事自体少ないですしね)はここから飛んでください。   この記事自体は半年くらいの考察内容で現在の考察、特にバルサミコ氏の内容と少し差異が生じる可能性がありま ...

 世間はGW真っ最中ですが、私は今回は遠出ができず、近場をぶらぶらしたり、キーボードをカタカタする日々を過ごしています。  このブログでは、再三卓球における基本的な重要事項として過度な前ベクトルをかけてはいけないということを述べ続けてまいりました。今回は前 ...

【5/2 修正記事】ニュートラルの位置でドライブを打つのではなく、ニュートラル時の関節の力のかかり具合を保ったままフォアドライブを打てる位置がつま先先です。説明不足です。 昨日の練習のおかげでちゃんと筋肉痛です。体がふらんふらんって感じですね。  さて ...

4月後半を使って説明したドライブにおける三種の神器。この理論自体はドライブだけではなく、台上やらつっつきやら、それこそサーブにすら適応となります。 連日同じことを書いているが、もう一度復習。 ①ボールのインパクト点は右足つま先の先。基本姿勢も右足つま ...

↑このページのトップヘ