最近の医学は本当に細分化されていまして、今まわっている科は学生時代の母校には存在すらしていなかった診療科でありまして、その様々な流れに四苦八苦しつつ勉学に励んでいます。
 そんな私ですが、私も裏面使いの端くれ。学生時代はそれなりに裏面を使おうと試行錯誤していました。裏面ドライブはもちろん重要ですが、片面ペンと比べてFBの切り返しがはやくなる裏面においてラリー戦での技術がまず必要になってくるかと思います。ラリー戦でもドライブを多用しますが、もうひとつよく技術があると思います。バックプッシュです。今回はそんなラリー戦の重要技術の一つ、プッシュについてのお話。

 そもそも、バックプッシュとはどんな技術か?ドライブとは異なり、主に弾く(前ベクトルを加える)ことを主体とした攻撃技術の一つです。ドライブよりかは簡便であるというメリットがありますが、弧線が直線的になるため、球をドライブ時よりも選ぶ必要が出てきます。
 
 前ベクトルを主として加えるプッシュにおいて最も重要な事柄は、過度な前ベクトルを加えないということです。毎度おなじみの発言ですね。

 その方法として現段階で2通りを私は試行しています。
① 文字通り3hitを駆使して、最小の前方向へのスイングを行う。
② ぎりぎりまでひきつけて、回外運動を用いて横方向のラケットスイングを行う。

 ①は説明するまでもないでしょう。3hit理論を用いて、ぎりぎりまでひきつけたのちに通常のプッシュを行うのみです。
 ②に関しては前記事の内容が活きると思います。つまり、ぎりぎりまで球を引き付けて回外運動でのスイングのみでボールを前に飛ばすというのがもうひとつのプッシュのやり方です。このときラケットの左半面でインパクトすることを意識するとボールのひっかかる面積を物理的に減らすことができる(これはあくまでイメージの問題なのでしっかりした理論ではないかもしれませんが)ため、よりやりやすくなると思います。

①と②は要所要所で使い分ける必要があるのですが、各々の特徴として
① メリット:どの位置からでもプッシュを打てる デメリット:3hitが行いづらい
② メリット;3hitに従いやすく、引きつけもしやすい デメリット 体から遠い球に対しては適応外

といったところでしょうか。ほかにも細かい話はありますが、概要としてはこんな感じですね。