この間卓球した際に悩んだボールの違いについては前記事の通りですが、今日はその続きの話を。

仕事は覚えることが多く、それなりに忙しいのですが、暇を見つけては卓球をしたいとおもっております。そんな私、今日は大学時代の先輩を捕まえて卓球をしに行きました。
この日使った球はニッタク製。慣れ親しんだ球ですが、前回の経験もあり、今回はニッタク製を見極める!つもりで卓球に勤しみました。

結果としてわかったのは、「ニッタク製は回転の変化はつきづらいが、自分の与えるベクトルにはTSP より応えてくれる」ということでした。ニッタクの球はTSP 製と比較すると、球に回転による変化はつきづらいように感じました。しかし、前に飛ばしたいと思ったら前に飛ばすことができるのは前者であると考えます。
つまり、この間TSPの球で感じた失速して落ちる事柄は、そもそも球に力が伝わりきっていなく、力が抜けているからではないかと仮説しています。

まあただ単にわたしがニッタク製に慣れ親しみすぎている可能性も否定できませんが。なにかご意見あればご教授してください。