4月後半を使って説明したドライブにおける三種の神器。この理論自体はドライブだけではなく、台上やらつっつきやら、それこそサーブにすら適応となります。
連日同じことを書いているが、もう一度復習。

①ボールのインパクト点は右足つま先の先。基本姿勢も右足つま先の先にラケットが来るような姿勢にする 

②ボールに過度な前方向のベクトルを加えない。要は変に押しすぎない。

③ボールの下からラケットはインパクトする。②を具体的にやろうとした結果。

このうち③は②の結果による産物ともみなせるため、本質として理解してほしいことは①と②の2つです。
この①と②を行うこと前提で全技術の考察を進めているのがバルサミコ氏の3 hit theory であり、私自身も推奨しています。①を少し書き換えて全技術対応用の言葉にしてみると

① しっかりと打法に適したインパクト位置まで球を引きつけて待つ

② ボールに過度な前ベクトルを加えない。要は変に押しすぎない


この2点が全技術に対応する基本となります。一見すると変なフォーム、なんでこれが入るんだといった技術もこの2点が守られているケースがほとんどです。適当なインパクト位置も基本的には右足つま先の先付近で間違いないでしょう。台上技術だとつま先先付近に来ない球もありますが、それでも自分のところまで引きつけて待ってから打つと言った感覚は非常に重要です。

②についてはバルサミコ氏は3cmと定義してますが、これはまあ語感がいいからにすぎず、わたし個人の見解として、10cmまでなら問題ないと考えています。3cmはそれこそ理想ですが、3cmまで引きつけてかつ、スイングの加速期間を設けるのはなかなか厳しいものがあるのもまた事実です。

この理論を基準にすると、卓球の全技術におけるミスショットは主に3つに分類されます。

①引きつけられない、待てないせいで打球点が前になる。

② 前に押してしまう

③ボールの上から捉えてしまう


思い当たる節はありませんか?つっつきで前に押してしまってミス。咄嗟に来たチャンスボールに慌ててしまい、体の前で打ってミス・・・。これらの全てがこの理論で説明可能となっています。ただ、この理論だと回転によって落ちるというのがあまり説明されません。下回転で落ちるのは回転で落ちるのではなく、球が止まるせいでこの理論を崩されるからだと考えるからです。これが本当に正しいのかどうかは今検証中です。

自分の技術向上にも、ミスショットの反省にも用いることができるため、この理論は非常に万能です。しかし、1つ問題が。バルサミコ氏のような名称が欲しいのですが、私のない頭では思いつかないので、是非ご教授ください。まあバルサミコ氏の理論と同一のものなので、こちらも3hitと名乗りますか。