タイトルはあれですが、ラバーのレビュー記事ではありません。

卓球をやってる人なら誰しもが出すサーブであろうナックルサーブ。ただ、みなさんはナックルサーブをどんな回転だと思って出していますか?

「回転がかかっていないサーブのことだろう」

それはその通りなのですが、ならどの時点で回転がかかっていないのか?サーブを出す時?相手が触る時?

これは実際にやってみればわかるのですが、打った時に完全な無回転の球は台にバウンドすることでわずかに上回転になります。つまり、サーブの出し始めを無回転にしてしまうと、相手に届く時には気持ち上回転のサーブになってしまいます。上回転といってもしっかりとかかっている上回転サーブでは当然ありません。

相手が触る時に球が無回転であるためには、サーブの出し始めは、弱い下回転を出すくらいのイメージでサービスする必要があります。

また、相手に完全な無回転ナックルを送るために知っておかなければいけない事実があります。それは、台によって下回転の強さを変えなければ、無回転サーブを相手に触れさせられないということです。中には試合前の練習で、どれくらいの下回転を出せば、無回転のナックルを相手に触れさせることができるか考える人もいるくらいです。


ここまで読んで、中にはこう思う方もいるかもしれません。

「完全な無回転とか無理だろう」

その通り、私はその考え方です。理論的には可能でもそれを実践レベルにまで落とし込むことはなかなか難しいかと思います。

私は、ナックルの定義を「通常より回転量が極端に少ない球」としており、ナックルにも下ナックルと、上ナックルがあるものとして試合に臨んでいます。つまり下回転というにはお粗末だが、ただ当てるだけでは落ちてしまう下ナックル、上回転サーブでは決してないが、つっつきで返そうと思うと浮かしてしまう上ナックル。言い換えると極弱下回転サーブと極弱上サーブと言いますか。
2種類のナックルサーブは出す側としてもさほど難易度が高いものではないですし、これらによって戦術の幅も広がります。ナックルサーブでも下ナックルの返球は上手くても上ナックルの返球は苦手などと言った選手は案外(特に県大会レベルでは)多いものです。

この2種類のナックルサーブが効くというのは結局のところ、この事実を知らない選手が一定数いることに他なりません。初見のものに弱いのは全選手共通の事項なので、こういった初見殺しをたくさん持てると勝てる相手も増えていくかと思います。