今日回転を出すときにどのような方法があるか?というのを書いていこうと思います。今回、内容自体は比較的当たり前のことだと思います。ならなぜ書くのか?
 
 まあ、次の話題への布石といいますか・・・笑

 これは半分冗談で、私の好きな言葉の一つに、温故知新という言葉があります。これは、前に学んだことや事柄を再度考えることで、新たな道理や知識を見い出す・・・みたいな意味です。つまり、私も温故知新したいのです。若者言葉的に温故知しるとでもいいますか。。。
 また、時期的に初心者の方が多い時期だと思うので(ちょっとずつ閲覧数増えてきています、ありがとうございます!)、そういった方にもわかる記事を書きたいなあ思った次第です。
 では、さっそく回転の世界へいきましょう。今回は縦回転編!!

 
 そもそも縦回転ってなんぞや??
 私が今回書きます縦回転とは、上回転・下回転のことです。台に対して縦方向(垂直方向)の回転なので、私は普段からそう呼んでいます。ほかの方がどう呼んでるかはわかりませんが、このブログ内では、上・下回転のことをそう「定義」したいと思います。上回転打法の代表的なものとしてドライブがあり、下回転打法の代表的なものとしてカットがあります。
 
 卓球のプレイの中で、もっとも自分本位に回転がかけられるのはサーブといわれています。サーブは1球目攻撃と呼ばれるほど攻撃的なものです。それゆえ差が出やすいのもそのサーブ。サーブがうまい人と下手な人ではその勝率も大きく変わっているでしょう。
 そもそも回転を出すときの、テイクバック、スイング、フォロースイング、すべてに多少の個人差があります。特にサーブにおいては、初心者はもちろん、経験者もその動きに惑わされることでしょう。そのため、今回の記事では、結局ボールに対してどのようにラケットがインパクトすればどのような回転が生じるか、というのを端的にまとめようと思います。とりあえず下の図で。 

bbb


 色がうまく反映されてませんが、ラケットから出ているベクトルがラケットの進行方向です。
まず、この図を見て経験者ならすぐわかることがあります。cとCはありえない。その通りです。この2つはボールが前に飛んでくれません。
 dは初心者に比較的よく教えられる上回転のかけ方であり、同様にBはまず教えられる下回転を出す際のラケットの動きです。
 では、aとAはどうか?これはサーブで一時(今も)流行ったバーティカルサーブと呼ばれるもののラケットの動きです。dとBは確かにはっきり上・下回転を出すことができますが、そのラケットの面に大きな差があり、安定して回転を出すことができますが、面で回転がばれてしまう難点があります。一方で、aとAは面が絶えず相手方向に向いた状態で上・下回転を出すことが可能となります。その分、回転を安定して出す、強い回転を出そうと思うと、d、Bと比較して高い技術量が求められます。
 では、bとDは?答えからいうとbは可能だが、Dは不可能です。その理由として、まずbから考えていきましょう。bはボールの下を前→後にスイングして上回転を出しています。スイング方向は後ろ向きなので、一見すると後ろに飛ぶだけのようにも思えます。しかし、上回転がかかっていることで、ボールに前進する力がかかり、結果として前に飛ぶ可能性があります。
 一方、Dはbと同じく後ろ方向のスイングによってボールは後ろに飛ぶ力がかかります。さらに下回転はボールに後進しようとする力がかかるため、後ろ方向+後ろ方向の力によって前に飛ぶことはありません。

 結論をまとめると上の図のうち
上回転を出せるのはa,b,d
下回転を出せるのはA,B
 ということになります。

 基本的なことでも割と長々と書けるものですね。赤文字が結論なので、この記事は赤文字だけチェックするだけでもいいかもしれません。温故知新です。