プレイ領域と3hit理論の関連性について

   この記事を読んだ方であれば、自ずと今回の練習法も思いつく方もいらっしゃることでしょう。現にローターさんは上記の記事を読んだ後に、今から述べる練習法についてLINEしてくれました。今回はいつも以上に大層な内容ではないですが3hit理論を実践に落とし込むための簡便な練習法を紹介します。

   3hit理論を行うための練習を一言で言うと中陣から打つということです。基礎練習でいえば「引き合い」がそれに当たるでしょうし、多球練習であっても中陣ドライブの練習を行うことで3hit理論の打点については最も意識できるかと思います。


    練習法はいたってシンプル。中陣から体付近の打点、つまり引きつけてボールの下からラケットを入れてドライブを行うだけ。ここでは球の威力は最初から考える必要はないです。重要なのは自分に適したワンベストな打点を認識することと、3hit理論を意識して安定して打球を行うことです。この2つを行えて初めて、どこまでが前ベクトルをかけられる限界なのかを試験的に行なっていくことで球にスピードや威力を加えにいくことができます。最初から強い球で打つことに意識がいってしまうと前陣で打球するとオーバーミスする人が必ず出てくると思います。3hit理論はつまり

返球できる最小の打法+前ベクトルを加える(過度な前ベクトルは加えない)

ということなので、初めから前ベクトルを意識してしまうとその前提自体が崩れることになります。

   これはフォアでもバックでも同じです。バックハンドでも中陣付近から安定して打球できるようになると、その打点の安定感が改善する方は非常に多いです。