書いたり書かなかったり、フランです。現在はしっかりと書く時間があるので定期的に更新をしていますが、また更新期間が延びる可能性も大いににあり得るのでかけるうちにしっかり書いていこうと思います。ブログを更新していなかった間も3hit理論をはじめとして色々と考察の方は進めていたので、もしブログの更新が止まったとしても考察は行われているものと思っていただければと思います。


   さて、最近は再度3hit理論の考察記事を挙げているわけです。特に今まで触れてこなかった引きつける打点というものに着目していることはすでにお分かりかと思います。
   3hit理論というのは卓球における最小の基本原理と考えており、つまり上級者であればあるほどさも当たり前のように行なっているものです。そのため、人によってはそんなもの当たり前だろうと思うことでしょう。
   打点を変えるというのもそんな「当たり前のこと」のひとつになると思います。上級者であればあるほど様々な「打点」を有しており、各々の打点において3hit理論(相対的、絶対的双方)を無意識に行なっています。

    しかし面白いことに、というよりかは当然というべきなのでしょうが、中陣や後陣、つまり台から離れれば離れる程返球の打点が体付近に″しか″存在しない、存在出来なくなります。これはドライブだけでなく、カットやロビングなどの守備的な技術においても同様です。上級者の試合でも引き合いになった時のミスのほとんどが体付近の打点から前側で打球してしまうというミスです。つまり、思ったよりも前側で打球する分余計な前方向ベクトルを球に加えてしまう3hit理論の崩壊が起こっています。
   一方で、前陣のプレーにおいては体付近の打点の他に弧線の頂点での打点であったり、ライジングでの打点であったりと選択肢が増えていきます。
技術間で打点の選択肢に差異は当然ありますが、以下のようにまとめることが可能となります。
 
【前陣技術】体付近の打点の他に打点選択の猶予あり
【後陣技術】体付近の打点以外の選択の余地が少ない

   上級者の試合を見たり、実際に打ったりすれば上記の言わんとすることが自ずとわかってくるかと思います。

   さらに上記のことから2つのことが推察されます。

①表ソフトや粒高など異質選手は前陣でのプレイが裏ドライブマンより多いため、打点を意識した3hitが必要になってくること

②台から離れても変わらず打球できる体付近の打点こそが最良の打点であること

​   ①については前記事の内容とも繋がっていきます。前記事では技術的な限界点という観点において異質型の打点選択の重要性を説きましたが、プレイ領域の観点からも打点選択が裏ソフト以上に必要になることが推測できます。これはペン表だけではなく、粒高などの守備型の選手にいても同様のことが言えます。

   ②については今までの頂点至上主義の指導方法に対するアンチテーゼにもなります。私やバルサミコ氏が提唱している3hit理論の原案が「爪先付近の打点」にのみ言及しているのも、従来の頂点付近を「打点の中心」にするのではなく、体付近の打点が最も安定感のある最良の打点であると当初より考えていたことに他なりません。
   以前より数は減ったと感じておりますが、頂点至上主義は後ろに下がった場合のケースを完全に無視してしまいます。その結果起こる指導法として、「台から下がるな」です。身に覚えのある方もいるのではないでしょうか。
   

   
今回はこれくらいで。 まだ更新が止まらないように頑張ります。