①ボールのインパクト点は右足つま先の先。基本姿勢も右足つま先の先にラケットが来るような姿勢にする 
②ボールに過度な前方向のベクトルを加えない。要は変に押しすぎない。
③ボールの下からラケットはインパクトする。②を具体的にやろうとした結果。


の3点で説明を行った3hit理論。前回の記事を見ていただければわかる通り、①の記載は3hit理論の一部分であることはもうお分かりかと存じます。


さて、この記事に対してぴーろんさんからこんなコメントを頂きました。


①については異論はありません。
②については、表ソフトは得てしてボールを弾く、前方向へのベクトルを加えがちと思います。「変に」押しすぎないというところで表ソフトにも当てはまるのでしょうか。
③についてですが、「ボールの下からラケットはインパクトする」とありますが、表ソフトは向かってくるボールの高さにより、場合分けが必要となるような気がします。つまり、ネットより高い(スマッシュの適用外の高さの)場合はボールの上からラケットはインパクトする、と。上からとまではいかなくともボールと同じ高さでインパクトするというのはあるのかと思います。
粒高や変化形表ソフトなどは私は使ったことがないのでよくわかりませんが、表ソフトと同じく、ボールの上からインパクトすることもあるのかと思います。あと、回転で落ちるのではなく、空気抵抗で落ちる、というのもあるのではないでしょうか。


今回はこのコメントに対して返信しつつ、前回の記事の補足などを行なっていきたいと思います。


表ソフトは得てしてボールを弾く、前方向へのベクトルを加えがちと思います。「変に」押しすぎないというところで表ソフトにも当てはまるのでしょうか


�   変に押し過ぎないというのは、まさに3hit理論そのものであり、上記の通りだと思います。ただし、押し過ぎないという表現は私が述べた表現で表すとすると「絶対的3hit」のことであり、これだけでは不十分な場合も存在します。つまり、「相対的3hit」も表ソフトだろうがなかろうが等しく適応すべきであるということです。前に押し込むだけが表ソフトではないということです。

   

「ボールの下からラケットはインパクトする」とありますが、表ソフトは向かってくるボールの高さにより、場合分けが必要となるような気がします。つまり、ネットより高い(スマッシュの適用外の高さの)場合はボールの上からラケットはインパクトする、と。上からとまではいかなくともボールと同じ高さでインパクトするというのはあるのかと思います。


�   これに関しても前回述べた通り、打点を変化するということそのままです。記事にする前に重要なことをコメントにて指摘していただいていました。


回転で落ちるのではなく、空気抵抗で落ちる、というのもあるのではないでしょうか。


�ここに関しては3hitではなく、流体力学の話になりそうですね。以前少し勉強した程度ですが、一般的には回転がかかることによってマグヌス効果、つまり揚力がボールに加わることによってボールに変化がつくようです。そのためドライブボールの方が弧線を描くということになるようです。

ただ、空気抵抗は進行方向にかかる力ですので、一般的なボールでは初速と終速の違いが生じる原因にはなりますが、卓球の、あの短時間において空気抵抗に伴う落下速の増加が存在するとは考えづらいかと思います。専門の方いたら教えてください。




  しっかり読んでいただいてる読者の方であれば、述べていない内容でもその行間でしっかり考察していただいているんだとコメントにて実感しました。ご指摘、大変ありがとうございました。

   私とバルサミコ氏のブログ間では表現が違う部分も多く見られるかと思います。そういった差異についてもコメントなどで指摘いただければ納得していただける形にしたいと思いますので、お願いします。